design-Jinのサイトへようこそ

カラーコスメの選択基準としても注目されている「パーソナルカラー」

パーソナルカラーは肌や目、毛髪などの身体的特徴と相性の良い色を導き出す診断方法です。自分に似合う色を取り入れると、肌の透明感やツヤ感、血色や色白さを引き出し、あなたが内包している美しさや好印象ポイントを上手に表現できるようになります。

このイラストを見てもお分かり頂けるかと思いますが、同じ女性のイラストでも肌の色や髪の色が違えば調和する色も変わり、キャラクターもずいぶん違って見えます。パーソナルカラーは自分の個性を最大限に活かすことのできるカラーシステムです。

イラストでも配色だけで雰囲気が全く異なる

パーソナルカラーの原点は色彩学にあり

パーソナルカラーは、もともと似合う色を見つけるだけのために研究されてきたわけではありません。
パーソナルカラーの原点は「色彩学(色の学問)」にあります。光や自然、色の心理的作用(イメージ)などを研究する科学者や、色でさまざまな表現する芸術家などが長い年月をかけ研究をし続けた結果、派生したシステムです。ですので、パーソナルカラーを診断する側の「色彩学」の知識は大変重要です。

一般的な4シーズンカラーパーソナルカラー

4シーズンパーソナルカラー

よく耳にする「イエベ」「ブルベ」とは、人それぞれが持つ色素の特徴(=アンダートーン)のことを指し

  • 黄味がかっている色素を持っている人=イエローベース
  • 青み(赤み)がかっている色素を持っている人=ブルーベース

と分け、さらにアンダートーンを2つに分けたのが一般的は4シーズンパーソナルカラーです。

診断後、毎回のシーズンが違う…

パーソナルカラー関連の雑誌や本ではチェックシートが付いていて自己診断できたり、デパートのBAさんからカンタンに診断を受ける機会が増えてきました。しかし「毎回シーズンが違う」「イエベ・ブルベさえもバラバラ」というお声も増えてきたように思います(診断システムが異なればどうしても違いがある場合もでてきます)。

パーソナルカラー診断が毎度異なる

色相だけでパーソナルカラーを決定するには限界がある

人間は色を見るとき、色の特徴を色相明度彩度で捉えています。これを色の(心理的)三属性といいます。ですので色相(アンダートーン)だけで測色するには限界がでてきます。

弊社では“色彩学”に基づいたサイアートパーソナルカラー[12シーズン]診断を採用しています。

サイアートパーソナルカラーは「色相・明度・彩度・(+清濁)」というこれらの測色基準を用いてパーソナルカラーを診断します。長年に渡り「色」に携わるデザイン関連の業務を担っている弊社ではこの診断法を採用しています。

サイアート パーソナルカラー/design Jin

「サイアート パーソナルカラー」システムとは

アメリカのマンセル財団に長年在籍していたKatheryn Kalisz女史により開発されたシステムです。本来、マンセルカラーシステムのインストラクターであった彼女は、色に対して科学的な捉え方をしながらも心理学的要素も取り込んだサイアートシステムを生み出しました。

【マンセル カラーシステムとは】
画家で美術教師でもあったアルバート・H・マンセルが考案した表色系。色を三属性(色相・明度・彩度)で整理し、それぞれに番号や記号をつけて、物の色などを捉えやすくするために作った最も有名な表色系のひとつ。デザインや建築関係、商品開発の分野などで幅広く多く用いられているシステムです。

実際の現場では「ブルーベース・イエローベース(色相)」だけで区別することが難しい人がたくさん存在します。その場合ニュートラル(中庸)というポジションが用意されているのがサイアートシステムです。

次に「明度・彩度・清濁」の中でどれがその人の最大の特徴かを観察し、12タイプのシーズンを踏まえながら、最終的にはクライアント様に最も寄り添う色をご提案をするというものです。

サイアートは、パーソナルカラーとカラーセラピーの二本柱

また当システムは、カラーセラピーとの親和性が非常に高いものになっています。なぜならサイアート自体が

  • 人の外面的要素からなる色を扱う=パーソナルカラー
  • 人の内面的要素からなる色を扱う=カラーセラピー

の二つの柱から成り立っており、実際アナリスト用のテキストには色に対する科学的な見地と、情緒的(心理的)な側面が記されてあります。また、弊社ではカラーセラピー診断と養成講座も開講しております。


現在、パーソナルカラー診断はいくつもの流派に分かれ独自の進化を遂げていますが、サイアートパーソナルカラーは色彩学に基づいた確かな診断方法です。サイアート(サイ=サイエンス、アート=芸術)というネーミングからもそれらを伺うことができます。


カラーアナリスト養成講座がスタートしました!

弊社では2022年1月より「サイアート パーソナルカラーシステム」のカラーアナリスト養成講座をスタートいたしました。長年、色を扱う職業であるデザイナーとして活躍し、色彩検定1級取得の講師が、リアルな現場での経験や知識を交えながら、深く楽しく指導いたします。

カラーアナリスト養成講座

24時間/145,000円(税込)


【料金の詳細】

  • 入学金:15,000円(税別)
  • 受講料:100,000円(税別)
  • テキスト代:2,000円(税別)
  • 教材代:15,000円(税別)

※協会本部認定書が必要な方は発行手数料(税込:2,000円)が別途必要となります

※2022年5月1日より受講料が150,000円(税込)に変更となります(全国一斉)。

カリキュラム(全24時間)

1日目(8時間)

光や色の基礎知識を学習します。

  • 色と光の関係
  • 色の分類と四属性(色相・明度・彩度・清濁)について
  • 色の心理的作用
  • マンセルシステムとPCCSシステム
  • 色感トレーニング

2日目(8時間)

パーソナルカラーの歴史とサイアートシステムの学習をします。

  • パーソナルカラーとは
  • サイアートシステムとは
  • ヒアリング演習

3日目(8時間)

実技の習得を学習します。

  • サイアートシステムの診断手順
  • 実技演習
  • 質疑応答

診断や受講の日程などお気軽にご相談ください!

PAGE TOP